生活

【体験談】排水口にヘアピンが落ちた…でも10分で解決できました!

洗面所で何か作業をしていて、うっかりアクセサリーやピンなどを流しそうになってドキドキした経験ありませんか?

はる子
はる子
私は何回もあります・・・

でもわたくし、今日はついに流してしまったのです!

ヘアピンを・・・!!

途方に暮れて、救出方法をネットで調べてみたけれど面倒くさい。

無かったことにしてしまおうかとも思ったけれど、後々さらに面倒なことになるのも怖い。

というわけで、エイヤッと作業してみたら、意外と簡単に救出できたのでご紹介しますね。

同じように排水口に何かを流してしまった方の参考になれば嬉しいです。

 

排水口に物を流してしまったときの主な対処法

①シンク上から取り出す

世の中には「ピックアップツール」なる便利なものがあるのをご存知でしたか?

私はついこの間まで知りませんでした・・・。

トネ(TONE) LED付ピックアップツール PT02 レッド

新品価格
¥1,206から
(2020/5/7 21:36時点)

たとえばこちらの商品は、

先端にマグネットがついているので磁力で取ることもできますし、

4本の爪で掴んで取ることも可能です。

LEDライトもついているので、暗いところでもよく見える。

まさに、排水口に落ちたものをピックアップするのにめちゃくちゃ便利なんです!

排水口だけでなく、「隙間に落ちたものを拾う」っていう状況、年に1回くらいありますよね。

はる子
はる子
家じゅうから細長いものを探すやつ・・・

また洗濯乾燥機のダクト清掃にも使えるようです。

いざというときのために、1本持っていると便利ですね。

 

②排水パイプを分解して取り出す

ちょっと勇気がいりますが、洗面台下の排水パイプを見てみて分解できそうならチャレンジしてみる価値があります!

私の試した方法をご紹介しますね。

 

 

【体験談】排水パイプを分解してヘアピン救出に挑みました!

用意したもの

  • ビニール手袋
  • 新聞紙
  • 水をキャッチするための容器
  • 掃除用歯ブラシ

まずは、洗面台下に収納してあった物を全部出しました。

そして、排水パイプの状態をチェック。

ネジみたいなものが3つ確認できますが、落ちたピンは一番下のところにあるはず・・・

水も溜まっているので、下に新聞紙を敷いて、お椀をセットして、

ドキドキしながら一番下のネジを回します。

この一番下のネジを「水抜き」というそうです。(そのまま・・・)

水、出てきました・・・!!!

意外とキレイ。

でもちょっと嫌な臭いはします。

チョロチョロと100mlくらいでしょうか?出たところで止まりました。

こんな感じです。

そして水が止まったところでネジを完全に外れるまで回すと・・・

いたー!!!

何だか愛おしいのが不思議。

ネジを戻して、水を流して漏れたりしないかチェックしたところで作業終了。

取り出す作業自体は5分くらいで終わっちゃいました。

正直、排水パイプの中が恐ろしいことになっていないか心配だったのですが、

1年前に引っ越ししてきて、半年前には排水管清掃もしていたからか、

普段何もしていないわりにはキレイに保てていました。

掃除用の歯ブラシは出番なしで済みました。

はる子
はる子
排水管清掃、大事です。 
【体験談】マンションの排水管清掃がやってきた!注意点まとめ マンションに住んでいると、メンテナンス作業に立ち会ったりすることってありますよね。 先日、現在住んでいるマンション...

 

どうにもならない場合は業者にお願いしよう

我が家の排水パイプは樹脂製のものでネジを簡単に外すことができましたが、

パイプの種類によっては特別な工具が必要だったりするようです。

自分の手で排水パイプはいじれなさそう、上から取るのも無理・・・となると、やはり業者にお願いするのが良いでしょう。

排水口に落ちたものをそのまま放置すると、排水管の詰まりや破損を招くことになりかねません。

水漏れのトラブル、怖いですよね・・・。

はる子
はる子
放置はやめましょう!



まとめ

今回は、排水口に落ちたヘアピンなどの物を取る方法についてご紹介してきました。

まとめますと、

  1. 上からピックアップツールで取り出す
  2. 排水パイプを分解して取り出す
  3. 業者にお願いする

我が家のようにU字で水抜きのできるタイプだと、あっという間に解決できる場合があります。

ぜひお困りの際は試してみてくださいね!

ABOUT ME
はる子
出産を機に会社員を辞め在宅ワークをしようと決めました。 現在2歳の子供を保育園に預けながら育児と仕事の両立を目指しています…! 厳しい、でも楽しい在宅ワークという働き方の体験談や2人目の出産・育児などをつづっていきたいと思います^^